ダイエットをはじめてみたものの、途中で挫折する人も多いですよね。とくに体や心に負荷を与えるダイエットは、その反動も起こしやすいし続きません。というわけで、今回は『ダイエットをやってみたけど途中で失敗した4選』についてまとめてみました。

ダイエットの失敗

激しい運動が続かない!

ダイエットで挫折しやすい一番が激しい運動です。中でもジョギングは慣れていないと体を痛めやすく、挫折しやすい運動の1つです。何とか頑張ってつづけたけど、ダイエットに成功できないって人も中にはいます。激しい運動は必ずしもダイエットにならないこともあるというわけです。

食べないダイエットで失敗

ダイエットで想像するのが、カロリーの軽減です。特に食べないダイエットは人気が高いようです。しかし、正しい方法で行わないと体調を崩してしまったり、激しいリバウンドになることもあるようです。食べないダイエットをするには、専門家の意見が必要ですね。

○○だけダイエットで体調不良

必ず、ダイエットブームになるのが『○○だけ食べるダイエット』というもの。これはキャッチーな感じですし簡単そうにみえますが、やりすぎると栄養バランスの偏りを招いてしまい、結果体調不良を引き起こしてしまいます。ダイエットするにもただ痩せるだけじゃなく、健康的に痩せたいですよね。であれば栄誉バランスを考えてダイエットした方が綺麗に痩せると思います。偏ったダイエットは危険なのです。

物・お金のムダ遣いだったダイエット

世の中にはダイエット商品が多々あります。しかし、ほとんどがムダに終わるものです。物を消費するだけならまだ被害は少ないのですが、スポーツジムやエステなどで多額のお金を払ったのに効果がないってこともあります。ホント注意が必要です。

以上は『ダイエットをやってみたけど途中で失敗した4選』です。
ダイエットには継続的な努力と我慢が必要です。なら、長続きできるものがいいし、体に負担がないものがいいですよね。ダイエットは自分にあったものを選ぶよう心がけましょう。そういう目を養うのもダイエット成功の秘訣です。

ダイエットで失敗した人でも原始人ダイエットなら大丈夫!

ダイエットで失敗する主な理由は、体に合っているかどうかです。とはいえ、世の中にはダイエットの方法がたくさんあります。いったい、どれが自分の体質に合っているのか、それを探すのはとても大変です。

しかし、1つだけ誰の体質にも合っているダイエット法があります。その名も『原始人ダイエット』です。これは別名『パレオ・ダイエット』ともよばれ、1970年に胃腸病専門医のウォルター・L・ヴォーグトリン氏によってはじめて紹介されました。

パレオ・ダイエットのダイエット理論は旧石器時代の人々の食生活を真似るというもの。その根底にある概念は、人が旧石器時代から体質が変わっていない所にあるようです。

つまり、原始人は病気にほとんどかかっていなく、健康な生活を送っていたといわれています。その食生活はというと、自然なものを自然風に食べ、お腹が空いたら食べ、寝たいときに寝るというものです。この原始人と同じ食生活をすることでダイエットに成功できるといわれています。

原始人の頃から同じ体質なら、パレオ・ダイエットは誰にでも合うダイエット法かもしれませんね。というわけで、パレオ・ダイエットの手法を以下にまとめてみました。是非、参考にしてください。

パレオ・ダイエットをする方法

パレオ・ダイエットをする方法はとてもシンプルです。その根底には『自然』があります。自然のものはやはり体にいいようですね。人間が作ってきたものは美味しいという反面、健康を奪うものもあるようです。

以下、パレオ・ダイエットをする方法をリスト状でまとめてみました。

  • 基本的にカロリーは気にしない
  • 野菜、果物、ナッツ類を食べる
  • 肉、魚、タマゴなどのタンパク質と脂質を中心に食べる
  • 根菜、キノコ類も十分に食べる
  • 糖質は控える
  • 睡眠を十分にとる
  • 空腹を感じたら食べる
  • 自然界から入手できなかったものは食べない
  • 食塩、砂糖は避ける

パレオ・ダイエット法は個人的に好きなダイエット法です。そのシンプルさが良いですね。

SPONSORED LINK