こんにちは、健康管理士です。

昨日は「ストレス感じない方法」をお伝えしました。

もし、見逃した方がいましいたら
ココに記事としてまとめていますので、ご一読ください。
→ 『ストレスを感じない方法

上記のストレスを感じない方法は主に
コミュニケーションの部分です。

ですから、事前の予防ということになります。

では、今、この瞬間にストレスが溜まっている場合は、
どうすればいいでしょうか。

例えば、以下のようなものはストレス発散に役立ちます。

・大声をだす(カラオケなどで)
・休暇をとって旅行にいく
・運動する
・食べる、飲む
・絶叫マシンに乗る

どれも、ストレスを発散する方法にはお勧めです。

なので、今、ストレスを感じているなら、
上のことを是非ともやってほしいと思います。

健康管理士の僕がするストレス発散法

僕のストレス発散方法は、上記に書いたこともするのですが
それよりも、一番のストレス発散方法があります。

それは・・・、

『 睡眠 』

です。

はい、寝ることです。
ただこれだけ。

実は睡眠は脳科学でもストレス発散する
というデータがあります。

これは、頭をスッキリとさせるだけじゃなく
心と身体のリセットすることができるというわけです。

つまり、

あれこれと悩んでいたことが
寝ることで頭もスッキリとなり、

仕事で疲れていた体も
寝ることで回復ができるというわけです。

心と身体はつねにつながっていて、
体が疲れてくれば心は乱れます。

逆に心が疲れていれば、やる気もでなくなり
体を動かすのも億劫になります。

おわかりでしょうか。

睡眠という行為は、心と身体の両方を
リセットすることができる最強の方法なのです。

睡眠は本当にストレス発散の大事な要素なのです。

もしも、ストレスを感じているなら
睡眠不足ではないか・・・と自問自答してください。

で、もしも睡眠不足ならやることは簡単です。

睡眠ができるような環境を整えるだけです。

休暇をとって、一定の時間を睡眠にあててもいいし
軽い昼寝などを取り入れてもいいかもしれません。

大切なことは、心と身体をリセットするために
睡眠をしっかりととるということ。

睡眠は、ストレス社会を賢く生き抜く
ちょっとした手法です。

追 伸

因みに、かの成功者たちは必ず
一定の睡眠時間をたもっていたといいます。

例えば、クリントン元大統領も
8時間の睡眠は絶対にとっていたし、

一流のバイオリニストも調査によると
『8.6時間』の睡眠をとっていたとか。

アマゾン創業者も睡眠については以下のように言及しています。

「8時間の睡眠をすると注意力が高まり、思考が明快になる」

ストレスを抱えれば仕事も疎かになりますが
ストレスを発散できれば、仕事もうまくいきますよね。

成功者たちは、その辺を知っていたようです。

睡眠はストレス社会には、不可欠な要素というわけです。

SPONSORED LINK