こんにちは、健康管理士きよた です。

今日は『更年期障害の症状』についてです。

一般的には、45歳~55歳の時期を「更年期」といわれています。女性に場合は、閉経の前後5年を「更年期」とよぶこともあります。更年期には、様々な体調不良や障害などがあり、これを『更年期障害』とよびます。下記の更年期障害の症状についてまとめてみました。参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

更年期障害の症状

血管運動神経症状 ほてり、のぼせ、発汗、手足の冷え
精神神経症状 頭痛、めまい、無力感、不眠、情緒不安定
運動器官系症状 肩こり、腰痛、関節痛
知覚系症状 しびれ、知覚過敏、知覚鈍麻、視力低下
消化器系症状 腹痛、食欲不振、吐き気
泌尿生殖器系症状 頻尿、排尿痛、性交痛、不感症
その他 疲労感、胸部圧迫感、耳鳴り、立ちくらみ

更年期障害はホルモンの老化

更年期障害はホルモンの老化です。

ホルモンのバランスが悪く、乱れたりする場合に重い更年期障害になるケースがあります。そうならない為にも、日頃から老化防止やアンチエイジング、デトックスなどを行うといいでしょう。

アンチエイジングに効果覿面な成分とは?

アンチエイジングに効果がある成分があります。それは『ポリフェノール』。

ポリフェノールとはブルーベリーやワインなどに豊富に含まれている紫色や赤色した色素成分です。

このポリフェノールには酸化防止などがあり、さらには動脈硬化も予防してくれるたのもしい成分。お肌や血管の老化にも良い色素成分として最近、注目を浴びています。

あの女優の川島なお美さんも、美貌を保つために赤ワインでポリフェノールを摂取しているそうです。川島なお美さんを見たら一目瞭然というか、美しい方ですよね。美魔女って言葉がありますが、川島なお美さんも美魔女の一人だと個人的には思います(*^_^*)。

さて、話をもどして。

ポリフェノールは老化防止、アンチエイジングには最適な成分です。最近のアンチエイジングには『アサイー』というものがあります。このアサイーは、ブルーベリーやワインよりもポリフェノールが豊富に含まれているということで、話題のようです。

因みに「アサイー」とは以下のような果実です。

アサイー(アサイ、和名:ワカバキャベツヤシ、学名:Euterpe oleracea、ポルトガル語: açaí(açaí.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]))は、ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物である[1]。果実の外見はブルーベリーに似ており、食用にする。

アサイーベリー (açaí berry) などと表記される場合もあるが、植物学的にはブルーベリーやその他ベリーとは近縁ではない。アサイーはヤシ科の1種であり、そのため英語では植物そのものをアサイー・パーム (açaí palm)、果実をアサイーと表記するが、エウテルペ属の他種のヤシもアサイー・パームと呼称することがある。ブラジルでは、植物をアサイゼイロ (açaizeiro)、その果実をアサイー (açaí) と呼称する。アサイーの実は非常に栄養価が高い。アサイー果実100g中に含まれるポリフェノールは約4.5gで、ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍ともいわれている。他にも、鉄分はレバーの3倍で、食物繊維、カルシウムなども豊富である。(ウィキペディア:アサイーとは

このようにアサイーには、ポリフェノールが豊富に含まれており、老化防止やアンチエイジングにはもってこいの果実です。

ここ日本でもサプリなどで手軽に摂取できるようになったので、老化防止やアンチエイジングの為にはじめてみるのもいいかもしれません。因みに、男性の方の老化防止にも「アサイー」は最適な果実ですよ。

というわけで、健康管理士がお勧めするアサイーは以下のアサイーです。

↓↓

アサイーとブルーベリーを確認する

SPONSORED LINK