今、ココナッツオイルのさまざまな健康効果が注目されています。

ココナッツオイルは、甘い香りとさっぱりした後味が人気で、健康と美容に効果的だとか。ココナッツオイルにはどんなパワーが秘められているのでしょうか。

ココナッツオイルは体脂肪になりにくく、酸化しにくい

ココナッツオイルは、ココヤシの実(ココナツ)を原料としたオイルで、原産国はタイやフィリピンが主です。
ココナッツオイルが注目される理由のひとつに、ココナッツオイルに含まれている『脂肪酸』にあります。

脂肪酸には、肉や魚など動物性の食品に含まれる飽和脂肪酸と、植物や青魚に含まれる不飽和脂肪酸に分けられます。飽和脂肪酸は酸化しにくい良い面があるのですが、体内に脂肪として蓄積されやすいのが難点です。一方、不飽和脂肪酸は、体内に蓄積されにくい良さはあるのですが、酸化しやすいというのが難点。

それぞれの脂肪酸には一長一短がるのですが、実は、2つの脂肪酸の長所を合わせ持っているのが、ココナッツオイルというわけです。どういう事かと言えば・・・、

ココナッツオイルは飽和脂肪酸ですが、動物性油脂の飽和脂肪酸とは分子構造が違うのがポイント

ということ。

簡単に説明すると、動物性油脂は長い鎖のような分子で構成される長鎖脂肪酸です。しかし、ココナッツオイルは分子構造が長鎖脂肪酸の半分ほどの長さで構成されている『中鎖脂肪酸』なのです。これは、体内で素早く消化吸収されるというメリットがあります。

つまり、ココナッツオイルというものは、

「摂取すれば、すぐにエネルギー源となって消費されるので体脂肪になりにくいです。しかも、脂肪燃焼も促してくれるのでダイエット効果が期待できるオイルなのです。運動をしながらダイエットをする人には、おすすめのオイルなんです。」

ココナッツオイルは免疫力アップや冷え性にも効果的

ココナッツオイルの効果はダイエットだけではありません。中鎖脂肪酸の一種であるラウリン酸とビタミンE(トコフェロール)には非常に強い抗酸化作用があるので、免疫力を高めてくれ、風邪の予防にも役立ちます。また、甲状腺の機能を促進して血流をよくする働きがあるので、冷え性の改善もしますので女性には最適なオイルです。

ココナッツオイルの効果をこちらのページでさらに詳しく書いています。
↓↓
ココナッツオイル成分と効能効果をまとめました!



SPONSORED LINK